援交に良く使われると噂の出会いアプリたち

援助交際を何故するのか?という回答は、予想されるでしょうが<お金>です。
その他の理由としては、男性も女性もスリルを味わいたい――こんなことがあります。
けれども実際は違うといわれます。

セックスするだけならば、女子たちは毎回違うメンズを誘えば良いのです。
援助交際をするくらいならば、ご近所の男性たちを誘うのは簡単です。
しかし、そういたったことをしないのですから、やはり援助交際をしての見返りのお金が魅力的であるのは間違いないでしょう。

そのお金も生活のためというのではなくて<お小遣いを稼ぐ>という感覚の女性が多いです。
実際は女性たちのおかれている環境にによってお小遣いが少ないからそれを補填するためにやむなく……そんな理由を自分に言い訳をしているのでしょう。

最近では10,000円の月額のお小遣いでは全然たりないでしょう。
スマートフォンなどの通信費やファッション代などの支出が必要です。
女性の夜の出で立ちを見ると貧相な姿が目立ちます。
けれどもそんなにお小遣いがないのでしかたがない――だから援助交際をしよう!という発想になります。

では、お小遣いを増やせばいいのか……そんな単純な問題ではなさそうです。

スマートフォンや携帯の普及が援助交際を広がらせた

何故援助交際がどんどんと増えてしまう現実があるのでしょう?
一昔前も援助交際が多くなった時期がありました。
けれども、ここまで広範囲に広がることもなかったです。

街中で男性が女性をナンパして、上手くいけば援助交際に持っていく――これが一般的な援助交際のパターンでした。
援助交際を実現しようとするとそれなりのハードルがあったのです。

では現在はどうかというと、ありとあらゆる場所で援助交際が実施されています。
あちらこちらで援助交際してそうなカップルを見かけます。
五十歳代のエロ親父が二十歳前の女の子とホテル街を歩いている姿は異常です。

どうしてこんな異常事態が広範囲に拡大しているのかというとスマートフォンや携帯の普及が大きく絡んでいます。
モバイル端末を持っている女の子が簡単に援助交際をするようになってきたのです。

携帯電話にはフィルタリング機能があります。
けれども毎日のように援助交際サイトの闇サイトは増え続けています。
携帯やスマートフォンは便利ですがティーンエイジの皆さんにはもっと援助交際のリスクを知らせるべきだと思います。

出会ってエッチした相手が18歳未満なら確実アウトっ

援助交際を甘くみて調子に乗っていると大変な事態に巻き込まれてきます。
<まさか>と思うシーンがいずれ訪れてきますから覚悟しておきましょう。
そのトラブルの一つが相手の女性の年齢の問題であります。

パッと見、二十歳以上でも最近はメイクでいくらでも化けることができて実際は女子高校生であるということも珍しくはないです。
普通、そんなことに気がつけばやめるでしょうが、ウハウハでセックスしてしまえば淫行条例を犯したことになります。

18さい未満の女性とセックスをすることで金品のやり取りがあれば青少年保護条例に該当します。
年齢を知らなくても高校生と援助交際をして性交渉があればアウトです。
犯罪行為で場合によっては刑務所に入る生活になるでしょう。

あなたが相手の年齢を知らなかったと主張しても聞き入れては貰えません。
青少年を保護する法律がありますから犯罪になりますし、それは一般常識と世間ではみなされます。
どのように弁明してもあなたは罪から逃れることは絶対にできません。

援助交際は売春行為ですから、やるならばそれを覚悟した上で望みましょう。
相手は二十歳以上の女性の方がリスクは少ないです。
18歳未満であれば、どんなことがあっても回避するべき――必ず身分証明証をチェックすることです。

数万円の魅力援交経験者Aさんの話

昔援交をしていたという女性の話を聞く機会があったので、ここでその話の内容をご紹介したいと思います。
その女性Aさんが援交を始めたのは、学生時代の友達から誘われたことがキッカケだったそうです。

Aさんは当時コンビニでバイトをしており、時給は800円でした。
彼女はそのバイト代を特に不満と感じていたのではないのですが、友達は援交で一日数万円を稼いでいたそうです。
Aさんは友達の誘いに悩みました。
援交という行為への罪悪感はありましたが、そのために得られるお金の大きさは魅力的でした。
というのも当時のAさんの家庭の経済事情は決して良いものでなく、Aさんは親から小遣いをまったく貰っていませんでした。

自分が自由に使えるお金はすべてバイトで稼ぐしかなかったのです。
10代の女性というのはおしゃれやファッションに非常に興味のある頃、洋服やアクセサリーなどを自分で買うためにはお金が必要だったのです。
だから「とりあえず一度だけ」という思いで援交をやってみることにしたそうです。
実際にやってみると思った以上に罪悪感はなくなり、それとは逆に手にした数万円の魅力に捕らわれてしまったのです。
それからは、毎週のように援交を行ないました。
最初は友達が紹介してくれた出会い系サイトを通じて男性を紹介してもらっていたそうです。
けれども、紹介してもらう際にマージンが必要だったりサイトに利用料を支払う必要があったことから、しばらくするとそれらがもったいないと感じて、男性と直にやり取りをすることにしました。

結局援交で稼いだ金額は、5年間で数百万円に上るそうです。
でも、彼女はもう援交をやめるといいます。
というのも、新しい恋人ができたからです。

その恋人とは結婚の約束をしていて、援交で手に入れたお金は新たに始まる生活の準備金にしたいと考えているそうです。
援交はいつまでもできるものでもありませんし、Aさんのように結婚を期に卒業するという女性がほとんどのようです。

続きを読む

援交を切っ掛けにセフレに

援交を切っ掛けにセフレになった相手と関係を戻したいと思うのなら、だいたい1ヶ月くらいを目途にしましょう。
切りがいいという理由もあるのですが、一番の理由はただ長く続けていても、時間とお金の無駄になってしまうだけということです。

人というのは、1ヶ月で8割の細かいことを忘れてしまうと言われています。
そのため、1ヶ月が経過してもそのままだという時には、相手の記憶に埋め込まれてしまい、結局改善できないことが多いですので、初めは1ヶ月を目途と考えて、頑張ってみるといいでしょう。

詳しく「○○をした方がいい」ということではなく、相手の様子を伺いながら、相手に不快感を与えていると思われる自分の行動を直すように努力しましょう。

それは結構地道なことかもしれませんが、コツコツと努力して相手に伝わっていれば、信頼を取り戻すことができるかもしれません。

あなたの事がまるで別人に見えてくるかもしれませんよ。
嫌だなぁと思っていた事が直っているということは、それ程までに大切なことだと言えます。相手の様子を伺いながら、自分の行動を少しづつ変えていくということをくり返すのですが、基本的にはいつもと同じように接することが大切ですので、あまり控え目にならないようにしましょう。

ここでテンションを下げてしまっては何の効果もありません。
ここが一番の勝負どころですので、諦めないで頑張って下さい。
相手にうまく伝えることができれば、それまでの努力は全て報われるでしょう。
諦めずに頑張って、信頼関係を気付いて言って下さいね。

また、たまに会話内容をチェックしてみて、効果があるかどうか判断することもお忘れなく。
もし、1ヶ月以上経過しても、特に変わった様子がなければ、そのときは「なんか嫌なとこある?」と正直に質問して方がいいでしょう。

そして相手から正直な気持ちを聞きましょう。
特に援交以外では問題もなく、ただの自分の思いこみだった場合は、それだけで終わるかもしれませんし、何かきちんとした理由があるのなら、2人でとことん話し合うのも良いかと思います。

続きを読む

果たして相場はおいくら?

援助交際は違法行為ですから、いくら興味があってもやってはいけません。
しかしこうは言ってもやる人はやるでしょうから、そういった人のためにここで役立つ情報をお教えしておきましょう。

それは、援助交際の相場です。

援助交際というのは個人同士での取引で、それに掛かる金額はあくまでも当事者二人の交渉の元、というのが一般的です。

具体的な金額がないということは、相場を知っておかないと男性にすればボッタくられたり、女性にすれば安過ぎたりしてお互い損をする可能性があるというわけです。
とはいえ相場は世間の経済状況などに大きく左右されるようで、バブル期には10万円といったケースも少なくなかったといいます。

また、この間までの不景気の時には1〜2万円が相場でした。
ちょっと景気が持ち直したといわれる昨今は、3万前後が標準とされているようです。
ただし、女性のクオリティや状況などに応じて金額が変動することは頭において置いてください。

中には5〜10万円というケースも少なくないようです。
とにかく金額は交渉次第というところがあるので、多少ならディスカウントを希望してもいいかもしれませんが、やりすぎはNGですよ。

続きを読む

援助交際をやめさせるには女の子がアルバイトできる環境をつくること

二十歳前の女の子でも援助交際でお金を稼ごうと思う人が増えてきているようです。
中には18歳未満の高校生がお金ほしさに自分のカラダを売る売春行為は大きな社会問題になっています。

未成年者は物欲もあるし性欲もあるのです。
こういった欲望を解消するために他人には内緒でセックスをするわけです。
基本的にどんな手段でもお金が貰えれば良いという短絡的な思考の持ち主たちです。
こういった風潮をストップする方法はあるのだろか?

ひとつにはお小遣いを増やすことがあるでしょう。
けれども教育上良くはありませんし、またエスカレートして増やすことになりかねません。
できたら普通のアルバイトの掛け持ちをさせる事程度でしょうか。

厳しい学校になりますと学業を優先させるためにアルバイトそのものを禁止しているところがあります。
アルバイトをしないから勉強をするということでもないのでアルバイトを認めてあげるのも一つの解決策になるでしょう。

数個のアルバイトをすればそれなりのお金になります。
援助交際とは違って汗水垂らして社会の厳しさを分かった上での稼ぎになります。
実際に労働をしたお金ですから価値観も達成感も全然違うので良い経験になると思います。

続きを読む

▲ページトップに戻る